紫微斗数×風水168 清水BIBI瑛紀子 公式ブログ

最強の占い「紫微斗数(しびとすう)」と「中国伝統風水」で切り開く最強の開運術! 占術コンサルタント「清水BIBI瑛紀子」の公式ブログです。 ◆世界的風水師「ラリーサング老師」が自身の著書の日本語訳を託した唯一の日本人◆日・米・東南アジアで実業家・投資家・企業家など多くのクライアントに鑑定アドバイス◆中国五術に精通した本当の開運術で総合的コンサルタント◆のべ500人以上がクラスやセミナーを受講

■■清水BIBI瑛紀子公式メールマガジン■■

さまざまな紫微斗数、風水の四方山話を皆さんのお手元へお届けします。

5秒で登録完了!(無料)
登録フォームはこちら

○陰宅(お墓)風水の悲劇
○10年目にして待望の子供が
○間違った風水で離婚へ、その時クライアントは!
○究極の占い「皇極神数」とは
○紫微斗数で生年月日を判断、子供に最高のプレゼントを
○お花を飾って、異性運を上げよう
○玄関で出ていた災難
○世界の風水
Webはこちら

カテゴリ: セミナー

風水の力であなたも強運な人生を

風水を使って金運や恋愛運をアップさせたり、売上アップ・融資獲得・訴訟勝訴・昇進・面接合格・結婚・離婚などのヘルプになるといったらあなたは信じますか?


住んでいる家やオフィスなどのエネルギーを調整することで、これらのことが可能なのです。
でも高額なツボを買わされたり、怖いことを言われると思っている方がいらっしゃるかもしれません。
風水=占いと思っている人もいるでしょう。

日本では間違った風水(=家相)を信じている人が多く、正しい情報が伝わっていません。
風水って一体何なのか、何ができるのか、何を使うのか、運気アップの方法などを簡単にお話しするセミナーです。

プレゼンテーション1
LA、逗子、札幌で開催された「中国伝統風水と量子力学セミナー」、各地で大好評を博したセミナーを東京でも開催します。

このセミナーでは量子力学をベースに作られた機械を参加者全員が体験できます。
どうして風水と量子力学なのか、それもセミナーでご理解頂けるでしょう。
これまでの体験者の99%がその場で効果を実感、これを体験するだけでも価値あり!

mihealth 1

日時: 4
月15日(土)10時半~12時

会場: 東京都内(港区を予定、お申込みの方に追ってご連絡します)
参加費:4千円
WEB:  http://windandwater168.com/
申込み: info@windandwater168.com

Akiko Bibi Shimizu
風水コンサルタント、占術研究家。
中国伝統風水、紫微斗数占星術、人相手相、易経など中国五術をアメリカ・中国で学び、ドイツ・シカゴでの海外生活を経て、現在は米国ロサンゼルス在住。日・米・東南アジアにて企業や個人の風水・占術関係の鑑定やコンサルタントを行う。

著書に『オウチで開運!風水168』(ザメディアジョン)、『開運術としての風水』(木楽舎)、『風水必読』(アメリカ風水研究所、翻訳本)。日経ビジネスオンラインでは18週間に渡り「米国企業と風水」「東洋思想で自己管理」を寄稿、全日空機内誌「翼の王国」では36ページの風水特集、他にも建築住宅本等に多数投稿。
世界一の風水師ラリー・サング老師公認の唯一の日本人講師として、占術を学べるセミナーやクラスも多数開催。延べ500人以上がクラスを受講し、受講生にはマスコミ、弁護士、医師、教員、企業家・経営者、歌手、占い師、ライター、建築士、税理士、主婦、学生など様々な肩書きが集まる。 

風水の力であなたも強運な人生を

風水を使って金運や恋愛運をアップさせたり、懐妊・結婚・離婚・昇進・試験合格・訴訟勝訴などのヘルプになるといったらあなたは信じますか?


住んでいる家やオフィスなどのエネルギーを調整することで、これらのことが可能なのです。

でも高額なツボを買わされたり、怖いことを言われると思っている方がいらっしゃるかもしれません。
風水=占いと思っている人もいるでしょう。

日本では間違った風水(=家相)を信じている人が多く、正しい情報が伝わっていません。
風水って一体何なのか、何ができるのか、何を使うのか、運気アップの方法などを簡単にお話しするセミナーです。


LA、逗子、札幌で開催された「中国伝統風水と量子力学セミナー」、各地で大好評を博したセミナーを東京でも開催します。

このセミナーでは量子力学をベースに作られた機械を参加者全員が体験できます。

どうして風水と量子力学なのか、それもセミナーでご理解頂けるでしょう。
これまでの体験者の99%がその場で効果を実感、これを体験するだけでも価値あり!

 

日時: 224日(金)18時半~20時半

会場: 東京都内(港区を予定、お申込みの方に追ってご連絡します)
参加費:4千円

少人数募集のため、残席あと数席です。
お問い合わせ、お申し込みはこちらから。 
*開運人相クラスとなっていますが、メッセージ本文に2月24日とご記入下さい。
 

 
2月18日(土)10~12時のセミナー詳細はこちら

風水基礎クラス(3月4日・5日)の詳細はこちら


 
☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°

風水・占術コンサルタント
Akiko Bibi Shimizu 
http://windandwater168.com/
 

紫微斗数 x 風水168 公式ブログ
http://akiko168.blog.jp/archives/15920366.html

目からうろこの風水

風水って占い? 

龍の置物は必要?
西に黄色でお金が入るの?

お財布の色も関係があるの?

家具やインテリアのレイアウトや方角は大事?


そんな素朴な問いにお答えします。

 


風水を使って金運や恋愛運をアップさせたりできる、といったらあなたは信じますか?

日本では間違った風水(=家相)を信じている人が多く、正しい情報が伝わっていません。

風水って一体何なのか、何ができるのか、何を使うのか、運気アップの方法などを簡単にお話します。


〇 風水って何?何ができるの?
〇 風水と占いの関連性
〇 風水のレメディ(改善法)  
〇 家相と風水の違い
〇 自分で風水鑑定をやってみたい
 

セミナーでは特別に皆さん一人一人の金運アップ方位と恋愛アップ方位を教えます。
初めての試みの初級セミナーなので少人数だけ募集です。


日程: 
218日(土)1012
    1317時は開運人相セミナーとなります。

会場: 東京都内(千代田区を予定、お申込みの方に追ってご連絡します)

参加費:4千円

少人数募集のため、残席あと数席です。
お問い合わせ、お申し込みはこちらから。 
*開運人相クラスとなっていますが、メッセージ本文に2月18日とご記入下さい。
  

2月24日(金)18時半からのセミナー詳細はこちら
風水基礎クラス(3月4日・5日)の詳細はこちら
 

☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°
風水・占術コンサルタント
Akiko Bibi Shimizu  
http://windandwater168.com/


紫微斗数
x 風水168 公式ブログ
http://akiko168.blog.jp/archives/15920366.html

 

【1月4日の夜、札幌にて風水セミナーを緊急開催!】
 

12月に逗子で開催され、大好評を博したセミナーを札幌で。おいしくて落ち着くと評判のプレミアホテル中島公園、ビストロ「ラ・プロヴァンス」個室にて、ディナー会を兼ねて行います。

■■セミナー内容■■


◎中国伝統風水とは
・ 日本の風水は「家相」
・ 中国伝統風水と家相のちがい
・ 日本の家相は世界では通用しない!?
・ 日本ではお墓の風水を家に適用!   
日本では間違った風水(=家相)が浸透しており、正しい情報が伝わっておりません。龍の置物やクリスタル、パワーストーンなどは用いる必要はありません。では本物の中国伝統風水とはどんなものなのでしょうか?

◎NES情報医療とは
・ 情報とエネルギー
・ 量子力学と中国伝統医学
 トータルウエルネス   
NESは未来型情報医療と言われ、欧米の医療関係者で利用されています。人間が持つボディ・フィールドを15秒測定するだけで、生体エネルギーのブロックから、栄養、潜在意識までトータル的に分析できる画期的なセラピーです。
日本ではまだ知られていませんが、病院に行っても分からない症状などが一瞬にして分析、根本の原因を突き止めることができます。
一度あなたも体験してみませんか?
 
期待できる効果
 〇 リフトアップ
 〇 あらゆる痛みの軽減
 〇 火傷や切り傷の回復
 〇 時差ボケの調整
 〇 ストレスからの解放 
 〇 疲労回復
 〇 不眠の解消
 〇 放射能の調整
 〇 チャクラのバランス

■日時:2017年1月4日(土)19時〜21時
■会場:ホテルプレミア中島公園 オリエンタルスイート
■会費(ディナー込み):5000円 

(ディナーコースは12月実績が、デミグラスソースでビストロ風ハンバーグステーキディナー)

*最少催行人数 6名

お申し込み、お問い合わせはこちらから(Facebookのイベントページにリンクします)。 



■■風水クラスも同時開催!■■
風水基礎1、2のクラスを同時開催。若干名募集です!この機会にぜひ!
風水クラスの詳細はこちらをご覧ください。

■日時:
風水基礎1: 2017年1月4日(土)10時~17時
風水基礎2: 2017年1月5日(日)10時~17時

■受講費: 各クラス4.5万円(教材込み)


↑このページのトップヘ