紫微斗数×風水168 清水BIBI瑛紀子 公式ブログ

最強の占い「紫微斗数(しびとすう)」と「中国伝統風水」で切り開く最強の開運術! 占術コンサルタント「清水BIBI瑛紀子」の公式ブログです。 ◆世界的風水師「ラリーサング老師」が自身の著書の日本語訳を託した唯一の日本人◆日・米・東南アジアで実業家・投資家・企業家など多くのクライアントに鑑定アドバイス◆中国五術に精通した本当の開運術で総合的コンサルタント◆のべ500人以上がクラスやセミナーを受講

■■清水BIBI瑛紀子公式メールマガジン■■

さまざまな紫微斗数、風水の四方山話を皆さんのお手元へお届けします。

5秒で登録完了!(無料)
登録フォームはこちら

○陰宅(お墓)風水の悲劇
○10年目にして待望の子供が
○間違った風水で離婚へ、その時クライアントは!
○究極の占い「皇極神数」とは
○紫微斗数で生年月日を判断、子供に最高のプレゼントを
○お花を飾って、異性運を上げよう
○玄関で出ていた災難
○世界の風水
Webはこちら

カテゴリ: 恋愛の風水

恋愛運アップの「桃花(とうか)風水」~

早いもので明日から12月、今年も残すところ1か月となりました。
皆さんの2017年は如何でしたか?

二十四節気では12月7日は大雪(たいせつ)、12月22日は冬至です。
冬至はご存知の通り、昼(日の出から日没まで)が短く、夜が一番長い日です。
冬至の事を一陽来復(いちようらいふく)とも言い、この言葉は中国のバイブルとも言われる易経に出てくる言葉です。
陰が極まって陽となるという意味で、風水の太極図(陰陽図)にあります。
冬至は太陽の力が一番弱い日ですが、翌日から徐々に力を増していくということであり、雲も徐々に吉に転じていくという意味もあります。

陰から陽へと変化の日、この日を境に気持ちを切り替えるのもいいかもしれませんね。



桃花風水という中国の古くから伝わる、異性を引きつける恋愛運アップの秘術があります。

桃花はお酒、遊びの意味があり、賭け事や酒色にふけトラブルを起こしそうなイメージがありますが、
もう一つ、ロマンス、恋愛のことでもあります。


各人が持つ桃花方位に適切な色の花瓶を置き、適切な日に生花を生けることで異性と出会いが期待できる恋愛アップ術が桃花風水なのです。 
必要なものは生花と花瓶のみ、下記の桃花日に桃花方位で生花を生けるだけです。 
ぜひ試してみてください!
Pretty flower 1

さて12月の恋愛運は?


生年 桃花日 花瓶の色  方位 花の種類(例)

子年  12/12   白    西  白いアネモネ
丑年
  12/9    赤    南  赤いポインセチア
寅年  12/18   緑    東  スーパーグリーン
卯年  12/15   青    北  クリスマスローズ
辰年  12/12   白    西  白いポインセチア
巳年  12/21         南  赤いガーベラ
午年  12/18     緑    東  ハクサンタイゲキ
未年  12/15   青    北  チョコレートコスモス
申年  12/12   白    西  白いガザニア
酉年  12/21     赤    南  赤いベゴニア
戌年  12/18     緑    東  緑のトルコキキョウ
亥年  12/15   青    北  黒いダリア


注意

11日から23日生まれの人は前年を生まれ年とする
(例)1967130日生まれ  未年ではなく午年
1)方位は家の真ん中から測る。磁石(コンパス)で測ると良い。
2)桃花方位がトイレ、お風呂場、押し入れの場合はリビングルームでの桃花方位を使う。
3)花は切り花であること。土に付いた花は用いない。
4)花瓶は口が大きいこと。少ない花では効果が表れない。
5)水は常に新鮮であること。花が枯れたら、次回まで待つ。
6)花瓶の色、桃花方位、桃花日は守ること。

恋愛運アップの「桃花(とうか)風水」~

今年の日本は台風が多く、レインブーツが欠かせなくなっています。秋の訪れよりというより、北海道では雪が降ったぐらいですから、冬近しと言ったところでしょうか。


11月7日は二十四節気では立冬(りっとう)です。冬が立つ、つまり冬の始まりです。英語ではEstablishment of Winterと言います。
季節は冬ですが、もともと二十四節気は中国黄河地が発祥地、日本の季節感とは6週間のずれがあります。日本では秋到来の季節で、この頃から紅葉が始まります。北の方では10月ぐらいから彩られている場所もありますが、関東や関西では11月は紅葉に良い時期ですね。

さて、桃花風水という中国の古くから伝わる、異性を引きつける恋愛運アップの秘術があります。


桃花はお酒、遊びの意味があり、賭け事や酒色にふけトラブルを起こしそうなイメージがありますが、
もう一つ、ロマンス、恋愛のことでもあります。


各人が持つ桃花方位に適切な色の花瓶を置き、適切な日に生花を生けることで異性と出会いが期待できる恋愛アップ術が桃花風水なのです。 
必要なものは生花と花瓶のみ、下記の桃花日に桃花方位で生花を生けるだけです。 
ぜひ試してみてください !

pink flower 3


さて11月の恋愛運は?


生年 桃花日 花瓶の色  方位 花の種類(例)

子年  11/19    白    西  白いカラー
丑年
  11/16   赤    南  グラジオラス
寅年  11/25           東  青いクリトリア
卯年  11/10    青    北  黒いユリ
辰年  11/19    白    西  白アネモネ
巳年  11/28          南  サルビア
午年  11/13    緑    東  青いサイネリア
未年  11/22    青    北  ベニーぐラック
申年  11/19    白    西  白ユリ
酉年  11/16        南  ハイビスカス
戌年  11/25    緑    東  アメリカンブルー
亥年  11/10    青    北  黒いバラ


注意

11日から23日生まれの人は前年を生まれ年とする
(例)1967130日生まれ  未年ではなく午年
1)方位は家の真ん中から測る。磁石(コンパス)で測ると良い。
2)桃花方位がトイレ、お風呂場、押し入れの場合はリビングルームでの桃花方位を使う。
3)花は切り花であること。土に付いた花は用いない。
4)花瓶は口が大きいこと。少ない花では効果が表れない。
5)水は常に新鮮であること。花が枯れたら、次回まで待つ。
6)花瓶の色、桃花方位、桃花日は守ること。

恋愛運アップの「桃花(とうか)風水」~

10月8日は季節を表す24節気では寒露(かんろ)、英語ではCold Dewといいます。
秋分の日から数えて15日目、旧暦の9月です。
Dewは霜という意味で草花に着く朝露が冷たく感じられる時期。
山は色づいて紅葉が始まり、赤や黄色に染まった山々を楽しめる季節ですね


10月下旬はちょうど京都なので、美しい紅葉を見に行きたいと思っています。
紅葉も見ごろですが、家でも秋の花を楽しんでみませんか?


桃花風水という中国の古くから伝わる、異性を引きつける恋愛運アップの秘術があります。

桃花はお酒、遊びの意味があり、賭け事や酒色にふけトラブルを起こしそうなイメージがありますが、
もう一つ、ロマンス、恋愛のことでもあります。


各人が持つ桃花方位に適切な色の花瓶を置き、適切な日に生花を生けることで異性と出会いが期待できる恋愛アップ術が桃花風水なのです。 
必要なものは生花と花瓶のみ、下記の桃花日に桃花方位で生花を生けるだけです。 
ぜひ試してみてください !
白い花2


さて10月の恋愛運は?


生年 桃花日 花瓶の色  方位 花の種類(例)

子年  10/1    白    西  白いクレマチス
丑年
  10/10   赤    南  赤いバラ
寅年  10/19     緑    東  青いりんどう
卯年  10/16    青    北  黒いバラ
辰年  10/1    白    西  白ユリ
巳年  10/22          南  赤いベゴニア
午年  10/19    緑    東  青いサルビア
未年  10/28    青    北  チョコレートコスモス
申年  10/1    白    西  白いバラ
酉年  10/22        南  赤いダリア
戌年  10/19    緑    東  青い
亥年  10/16    青    北  クロユリ


注意

11日から23日生まれの人は前年を生まれ年とする
(例)1967130日生まれ  未年ではなく午年
1)方位は家の真ん中から測る。磁石(コンパス)で測ると良い。
2)桃花方位がトイレ、お風呂場、押し入れの場合はリビングルームでの桃花方位を使う。
3)花は切り花であること。土に付いた花は用いない。
4)花瓶は口が大きいこと。少ない花では効果が表れない。
5)水は常に新鮮であること。花が枯れたら、次回まで待つ。
6)花瓶の色、桃花方位、桃花日は守ること。

恋愛運アップの「桃花(とうか)風水」~

暑さもピークを過ぎ、少しずつ秋の訪れを感じる季節になりました。
24節気では8月23日が小暑(しょしょ)、暑さが後退する日と言われています。

「天高く馬肥ゆる秋」と言われるぐらい、秋と言えば食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋を様々な楽しみがあります。
山や里では美味しい秋野菜が収穫、海からは脂ののったサンマが水揚げされ、サバやイワシもこの時期スーパーなどでは安く手に入り、生きの良い魚を食する機会も多いでしょう。
栄養価の高い旬のものをいただくのは心も体も喜びますね。

9月は日本に滞在しているので、美味しいものを沢山いただくのが楽しみです。


桃花風水という中国の古くから伝わる、異性を引きつける恋愛運アップの秘術があります。

桃花はお酒、遊びの意味があり、賭け事や酒色にふけトラブルを起こしそうなイメージがありますが、
もう一つ、ロマンス、恋愛のことでもあります。


各人が持つ桃花方位に適切な色の花瓶を置き、適切な日に生花を生けることで異性と出会いが期待できる恋愛アップ術が桃花風水なのです。 
必要なものは生花と花瓶のみ、下記の桃花日に桃花方位で生花を生けるだけです。 
ぜひ試してみてください !

9月は子年、辰年、申年の人に出会いのチャンスがありそうです。
特に夕方5時~7時、お花を活けてみると良いでしょう。

blue flower 10

さて9月の恋愛運は?


生年 桃花日 花瓶の色  方位 花の種類(例)

子年  9/19   白    西  白いカラー
丑年
  9/16   赤    南  グラジオラス
寅年  9/25   緑    東  青いクリトリア
卯年  9/10   青    北  黒いバラ
辰年  9/19   白    西  白いアネモネ
巳年  9/28         南  サルビア
午年  9/13     緑    東  青いサイネリア
未年  9/22   青    北  ペニーブラック
申年  9/19   白    西  白ユリ
酉年  9/16      赤    南  ハイビスカス
戌年  9/25   緑    東  青いアメリカンブルー
亥年  9/10   青    北  クロユリ


注意

11日から23日生まれの人は前年を生まれ年とする
(例)1967130日生まれ  未年ではなく午年
1)方位は家の真ん中から測る。磁石(コンパス)で測ると良い。
2)桃花方位がトイレ、お風呂場、押し入れの場合はリビングルームでの桃花方位を使う。
3)花は切り花であること。土に付いた花は用いない。
4)花瓶は口が大きいこと。少ない花では効果が表れない。
5)水は常に新鮮であること。花が枯れたら、次回まで待つ。
6)花瓶の色、桃花方位、桃花日は守ること。

恋愛運アップの「桃花(とうか)風水」~

8月に入り暑さも真っ盛り、ますます猛暑の厳しい日々かと思われます。
こんな暑い日にぴったりの涼しげな純白の花「アイスバーグ(ICEBERG)」を見つけました。

アイスバーグの意味は氷山、ヨーロッパでは白雪姫との愛称もあるようです。
白い花なので子年・辰年・申年の人だけにしか効果がありませんが、暑い日々をお花を観賞しながら過ごしてみるのもいいかもしれません。


桃花風水という中国の古くから伝わる、異性を引きつける恋愛運アップの秘術があります。


桃花はお酒、遊びの意味があり、賭け事や酒色にふけトラブルを起こしそうなイメージがありますが、
もう一つ、ロマンス、恋愛のことでもあります。


各人が持つ桃花方位に適切な色の花瓶を置き、適切な日に生花を生けることで異性と出会いが期待できる恋愛アップ術が桃花風水なのです。 
必要なものは生花と花瓶のみ、下記の桃花日に桃花方位で生花を生けるだけです。 
ぜひ試してみてください !
Iceburg

さて8月の恋愛運は?


生年 桃花日 花瓶の色  方位 花の種類(例)

子年  8/13   白    西  アイスバーグ
丑年
  8/23   赤    南  グラジオラス
寅年  8/20   緑    東  青いクリトリア
卯年  8/17   青    北  黒いバラ
辰年  8/25   白    西  アイスバーグ
巳年  8/11         南  サルビア
午年  8/20     緑    東  青いサイネリア
未年  8/17   青    北  ペニーブラック
申年  8/13   白    西  アイスバーグ
酉年  8/11      赤    南  ハイビスカス
戌年  8/8     緑    東  青いアメリカンブルー
亥年  8/17   青    北  クロユリ


注意

11日から23日生まれの人は前年を生まれ年とする
(例)1967130日生まれ  未年ではなく午年
1)方位は家の真ん中から測る。磁石(コンパス)で測ると良い。
2)桃花方位がトイレ、お風呂場、押し入れの場合はリビングルームでの桃花方位を使う。
3)花は切り花であること。土に付いた花は用いない。
4)花瓶は口が大きいこと。少ない花では効果が表れない。
5)水は常に新鮮であること。花が枯れたら、次回まで待つ。
6)花瓶の色、桃花方位、桃花日は守ること。

↑このページのトップヘ