【5月19・20日、東京にて中州派 紫微斗数クラスを開催!】

紫微斗数は1000年以上前の宋王朝時代に、道教の哲学者である陳希夷によって考案された運命を計算する占星術です。中国で最も人気のある占いで、占いの中でも大変良く当たると言われています。本人の性格や天賦の能力、特徴などがチャートに驚くほど正確に表れます。チャートには自分を表す命宮の他に父母宮、福徳宮、田宅宮、事業宮、交友宮、遷移宮、疾病宮、財帛宮、子女宮、夫妻宮、兄弟宮の12カテゴリーを使用し、人生の流れを予測します。

■ 最強の占い、紫微斗数占星術

時間サイクルでは生涯運、10年運、1年運、月運があり、これらの変化をチャートで分析することができます。このクラスで学ぶ紫微斗数は中州派紫微斗数で、合計113星の仮想星を用います。これだけの多くの星で分析する紫微斗数は日本では知られていません。自分自身の行動パターンや人生の課題、心のひだまでわかる運勢分析学といえるでしょう。

IMG_8769


■ 紫微1クラス内容

クラス1では生涯運である命盤チャートを作成します。チャートには自分を表す「命宮」、両親との関係性をみる「父母宮」、心の満足感や幸福感を表す「福徳宮」、不動産運の「田宅宮」、仕事の適性や成功を示す「事業宮」、友人や支援者を表す「交友宮」、取り巻く環境である「遷移宮」、健康状態やかかりやすい病気をみる「疾病宮」、財運である「財帛宮」、子供の性格をみる「子女宮」、配偶者の性格や結婚・離婚を表す「夫妻宮」、そして兄弟との関係をみる「兄弟宮」があります。
  • 中国暦(陰暦)の時間
  • 命盤チャートの作成
  • 命・身とその解釈
  • 命宮の位置で見る特性
  • 命宮の位置で見る特性 

■ 紫微2クラス内容 (紫微1受講者のみ)

紫微斗数1で作成したチャートに14主星を加えていきます。五行タイプから主星の紫微星を配盤し、続く残りの主星を12宮に割り当てます。主星には明るさを示す輝度があり、星の吉凶を表しています。命宮にある星により対象者の性格や特徴、適性、身体特徴などがわかります。描かれたチャートは大まかですが、どんな人であるのか把握することが可能です。
  • 五行タイプ
  • 主星14星と解釈
  • 不安定な星
  • 教えと学びの星
  • お金の星
  • 恋愛の星 
日程:会場:東京都内(千代田区を予定。お申し込みの方に追ってご連絡します)
受講費:各6万円(教材・税込み)
ご都合のつかない方はオンライン(通信)講座での振り替えも可能です。

少人数クラスで開催する紫微斗数占星術クラス、初心者の方でも学ぶことができます。
お問い合わせ、お申し込みはこちらから。 

☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°
Akiko Bibi Shimizu
風水・占術コンサルタント

中国伝統風水、紫微斗数占星術、人相手相、易経など中国五術をアメリカ・中国で学び、ドイツ・シカゴでの海外生活を経て、現在は米国ロサンゼルス在住。日・米・東南アジアにて企業や個人の風水・占術関係の鑑定やコンサルタントを行う。

著書に『オウチで開運!風水168』(ザメディアジョン)、『開運術としての風水』(木楽舎)、『風水必読』(アメリカ風水研究所、翻訳本)。日経ビジネスオンラインでは18週間に渡り「米国企業と風水」「東洋思想で自己管理」を寄稿、全日空機内誌「翼の王国」では36ページの風水特集、他にも建築住宅本等に多数投稿。
 

世界一の風水師ラリー・サング老師公認の唯一の日本人講師として、占術を学べるセミナーやクラスも多数開催。延べ10000人以上がクラス・セミナーを受講、鑑定数4000軒以上。受講生にはマスコミ、弁護士、医師、教員、企業家・経営者、歌手、占い師、ライター、建築士、税理士、主婦、学生など様々な肩書きが集まる。