お墓を選ぶ際の大事な注意点は環境とお墓の向き、埋葬日です。

家の鑑定方法とお墓の鑑定方法は完全に異なるのですが、残念ながら日本では多くの風水師が、陰宅風水(お墓)の鑑定方法を、そのまま住居やオフィス(陽宅)などの鑑定に用いています。

お墓の吉凶は子孫3代続くと言われており、新しく墓石を建てられる方は良い環境(土地)を選ぶことが大事です。
IMG_0485
吉相のお墓

ある男性の先祖代々のお墓の例ですが、祖父・叔父・その子供(男)が3代続けて刑務所入りをしているケースがありました。彼らに共通していたのはその家の長男、他の家族には問題は起こっていません。これはお墓を取り巻くある方位に障害物があり、それが悪影響していたケースです。
また別の例では母親のために新しくお墓を建立してから、次女が交通事故に遭い死亡、長女が重い病気に罹ったりと立て続けに様々な問題が起きた家族がいました。この場合は埋葬年と墓石の位置関係が凶で、新たな場所に墓石を移動したことで長女の病気が快復したケースもあります。
IMG_0491
キリスト教のお墓

逆の例もあります。新しいお墓を建立してから仕事が飛躍し金運がアップしたケースや、国内だけでなく海外も視野に入れたグローバルなビジネスに展開できたケースなど悪い例だけではなく、人生が良くなった事例も挙げれらます。
india 094
アメリカのお墓
india 082
一つの墓地区画に二人が上下に埋葬

つまり、お墓の位置関係で子孫の誰に恩恵を与えるのか、危害が被るのか、が分析できるのです。ですので、墓石の位置だけでなく、吉相の土地を選ぶのを第一優先に考えます。

その上で埋葬年のエネルギーと墓石の座向(向き)を測定・計算し、お墓の吉凶を判断します。

また、どんなに良いお墓を建てたところで埋葬凶日を選んでしまっては子孫に影響が起きてしまいます。埋葬吉日を選ぶことは子孫繁栄、残された家族が平穏で安定した人生を歩むことにつながります。

鑑定手順

1) ヒアリング
2) 土地見学
3) 風水鑑定
4) 調査・分析
5) アドバイス(建立日・契約日・埋葬日)

1)~4)までを1日で行います。これ以外に事前準備、鑑定分析書の作成などの時間が、別途に掛かります。移動時間は含んでおりません。
東京からの交通費、遠方の場合に発生する宿泊費等に関しては実費請求となります。鑑定終了後、1週間以内に鑑定結果報告書をお送りします。

* 埋葬日だけの鑑定も受け付けています。

ご用意していただくもの:墓地の図面、故人とご家族の誕生日