紫微斗数×風水168 清水BIBI瑛紀子 公式ブログ

最強の占い「紫微斗数(しびとすう)」と「中国伝統風水」で切り開く最強の開運術! 占術コンサルタント「清水BIBI瑛紀子」の公式ブログです。 ◆世界的風水師「ラリーサング老師」が自身の著書の日本語訳を託した唯一の日本人◆日・米・東南アジアで実業家・投資家・企業家など多くのクライアントに鑑定アドバイス◆中国五術に精通した本当の開運術で総合的コンサルタント◆のべ500人以上がクラスやセミナーを受講

■■清水BIBI瑛紀子公式メールマガジン■■

さまざまな紫微斗数、風水の四方山話を皆さんのお手元へお届けします。

5秒で登録完了!(無料)
登録フォームはこちら

○陰宅(お墓)風水の悲劇
○10年目にして待望の子供が
○間違った風水で離婚へ、その時クライアントは!
○究極の占い「皇極神数」とは
○紫微斗数で生年月日を判断、子供に最高のプレゼントを
○お花を飾って、異性運を上げよう
○玄関で出ていた災難
○世界の風水
Webはこちら

2018年01月

風水は太陽太陰暦を使用するので2月4日(立春)から新しい1年が始まります。

2018年は九紫火星(右弼)星が中宮に配され、九紫火星の五行は火を表します。
易経では火山旅、この卦は「旅に出る。小事は通じる(=小さな事なら願いはかなう)」という意味です。
新興国経済が堅調に推移しているから、穏やかな成長が反映されるでしょう。
世界経済に関しては保護主義政策の強化、不確実な経済政策、金融市場の乱れ、政情不安などダウンサイズ・リスクに関連する問題に直面し、長期的な潜在成長率は低いと予測されます。
2018 Dog
現在の竣工サイクルは八運。八卦は艮(土)、その象徴は山です。
今年の九星である九紫火星と艮の組み合わせから、火が山全体に燃え広がる様子が想像できます。
このことから地震による山火事、爆弾テロ、爆発など火に関わる災害、また急激に進行するインフレーションがグローバルな問題として起こるかもしれません。

 

2018年を十干十二支で表すと戊(つちのえ)戌(いぬ)年です。
戊(つちのえ)は陽の土、戌(いぬ)も陽の土、両方とも土です。
戊(つちのえ)は強く大きな陽の土という意味で山を表します。
強力なエネルギーを含む土から巨大な山が連想でき、地震や地滑り、雪崩など山に関連する災害が起こりやすい年といえるでしょう。
山はまた経済成長の低下や株式市場の停滞をもたらすかもしれません。

戌(いぬ)は同じ土でも内部に火を含むことから火に関わる災害を引き起こします。
場合によっては、多くの犠牲者を伴う大惨事となる火災が引き起こされる可能性もあります。
十干十二支の戊戌(つちのと・いぬ)からも山火事が予測できます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

風水分析による吉凶方位です。

これらの方位が玄関、寝室、ホームオフィス、勉強部屋など重要な場合、記述したレメディを置くと良いでしょう。
レメディ(改善法)とは家のエネルギーを調整する五行のことです。
風水は太陰太陽暦を使用するので、
1年の始まりは11日ではなく24日(立春)です。
レメディが必要な場合は
24日に設置します。
five element

 

競争や戦いの星と言われる七赤破軍星(五行:金)が東に飛星します。この星は富とプロモーションをもたらし突破を意味します。本来の東は三碧木星(五行:木)です。木は土を剋し、ビジネスや仕事における逆境の打破、転職には適した方位ではありません。18時間以上、この方位で過ごすと足の怪我やのどの不快感を感じる傾向があります。もし東が玄関の場合、不法侵入の可能性あり。戸締りには十分注意を。
レメディ 水(水槽やテーブルファウンテン)
水を置くことで毒を薬に変える。販売関係、歌手、占い師など話すことを生業としている職業の人に吉。ビジネス拡大や昇進も期待できる

 

南東

南には富と名声を表す富や名声八白左輔星(五行:土)が配されます。本来の南東はもともと四緑文曲星(五行:木)。木が土を剋していることから、金運は悪く、不動産や建築ビジネスには良くありません。四肢の骨折、骨の痛みや圧痛、また妊娠中の女性は流産の可能性があります。南東には歳破が回座するため、この方位での動土は禁止です。工事も含め、土を掘ると好ましくないことが生じます。
レメディ 火(赤い電球、赤色のランプシェード、赤色のもの)
赤以外にもえび茶色、紫、紫紅色など可
レメディ設置後は金運、妊娠中の女性、10代の若者、不動産・建築関係のビジネスに吉。

 

四緑文曲星(五行:木)が北東に来ます。四緑木星は文学やクリエイティブ、学術的成功、恋愛などを表します。南はもともと九紫火星(五行:火)、木は火を生じる好ましい相生関係です。良い方位なので南で時間を過ごすといいでしょう。恋愛運アップが望め、学生や執筆業、エンターテイメントビジネス関係の人にも最適です。様々なお祝い事、例えば人生のパートナーを探している人(特に女性)、結婚を望んでいる人、仕事での昇進を希望している人などに吉方位です。火に関連するビジネスにも適しています。但し、貴金属関係や金細工職人、金属ビジネスには良くありません。もし、南が玄関の場合、主婦は浮気や不倫に注意。

 

南西

六白武曲星(五行:金)が北東に配されます。六白金星は富の星であり、権威や力を意味します。南西は二黒巨門星(五行:土)、土は金を生じることから悪い方位ではありません。政治家、自営業、サラリーマン、金属関係(シルバー細工、宝石、金細工職人)にとって最適な方位になります。努力次第では相当な報酬が期待できます。南西が寝室の場合、懐妊を望んでいる人や生涯のパートナーを探している人にも吉方位となります。しかし、玄関の場合、内密な方法や手っ取り早い方法でお金を稼ぐのは避けましょう。凶星が南西に配しているため、法に反することになりかねません。

 

西

西には二黒巨門星(五行:土)が飛星、この星は病気・ゴシップ・訴訟・誤解を表します。西は本来、七赤破軍(五行:金)で戦う気質があります。土と金は相生関係ですが、凶星である病符星が回座しているため病気になりやすく、喧嘩や口論、陰口、法的な問題に遭遇するかもしれません。玄関が西の場合、特にこれらの問題に要注意です。しかし、医者や病院、クリニック、金属関連のビジネスには悪くなく、弁護士や法律アドバイザーにとっては吉方位となります。

 

北西

富や名声、ロマンスを表す一白貧狼星(五行:水)が北西に配されます。本来の北西は六白金星(五行:金)、水と金は相生関係で好ましく、金運と恋愛運には吉方位と言えます。銀行家、融資担当者、広報、それにバー・ナイトクラブ・カジノなど娯楽関係ビジネスには良いでしょう。しかし、北西は吉星と凶星が混在することから争いや口論、誤解が生じやすく、他人との衝突があるかもしれません。特に権力や権威ある人に刃向うのは避けましょう。  

 

五黄廉貞凶星(五行:土)が配され、南は凶方位となります。五黄土星は遅延、障害、火事、訴訟、病気、怪我や事故を表します。北は一白水星(五行:水)で、土が水を剋する好ましくない相関関係になります。加えて、北には凶星が集まり、2018年の最悪の方位となります。もし北が寝室もしくは玄関でレメディが施されなかったら、予測しない悪い出来事が起きるかもしれません。北の動土(土を掘ること)は禁止、家の中でも北方位の改築は避けるべきです。
レメディ 金(金属の彫刻や装飾品)
特に動く金。例えば、振り子が金属の柱時計や振り子時計が好ましい


北東:
三碧禄存星(五行:木)が飛星します。三碧木星は野心、拡大、強盗、争い、ゴシップの星です。元来の北東は八白左輔星(五行・土)で名声や富を意味します。木と土は相剋関係で、凶星が北東に回座します。もし北東が玄関の場合、キャリア拡大や新しい試みには適せず、アグレッシブな行動は避けましょう。若者にとって北東の寝室は好ましくなく、骨の痛みや手足の怪我がおきやすい方位となります。また妊娠中の女性は流産の危険もあるので、この方位では寝ないようにしましょう。不動産業者や建設業者、ティーンズには凶方位です。北東での動土は禁止、土を掘ることで病気など災難が生じます。
 
レメディ 火(赤い電球、赤色のランプシェード、赤色のもの)
赤以外にもえび茶色、紫、紫紅色など可
レメディ設置後は金運、妊娠中の女性、ティーンズ、不動産・建築関係のビジネスに吉。

 
注意:この風水予測は一般的であり、2018年の年と八方位で分析しています。個人宅を詳細に分析するには、家の竣工年と座向を測定する必要があります。風水応用クラス修了者は年数字を加え、三つの数字(九星)で各方位のエネルギーを算出してください。

 

☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°
Akiko Bibi Shimizu
風水・占術コンサルタント
中国伝統風水、紫微斗数占星術、人相手相、易経など中国五術をアメリカ・中国で学び、ドイツ・シカゴでの海外生活を経て、現在は米国ロサンゼルス在住。日・米・東南アジアにて企業や個人の風水・占術関係の鑑定やコンサルタントを行う。

著書に『オウチで開運!風水168』(ザメディアジョン)、『開運術としての風水』(木楽舎)、『風水必読』(アメリカ風水研究所、翻訳本)。日経ビジネスオンラインでは18週間に渡り「米国企業と風水」「東洋思想で自己管理」を寄稿、全日空機内誌「翼の王国」では36ページの風水特集、他にも建築住宅本等に多数投稿。
 

世界一の風水師ラリー・サング老師公認の唯一の日本人講師として、占術を学べるセミナーやクラスも多数開催。延べ500人以上がクラスを受講し、受講生にはマスコミ、弁護士、医師、教員、企業家・経営者、歌手、占い師、ライター、建築士、税理士、主婦、学生など様々な肩書きが集まる。  

今年2018は「戌年」ですが、正確に言うと「戊戌年」です。
「戊(つちのえ)」はなじみの薄い言葉ですが、昔の日本では実際に年号を表すときに使用されていました。

歴史で学んだ戊辰戦争や辛亥革命など、その年の十干十二支を割り当てています。
戊辰戦争の戊(つちのえ)は十干、辰(たつ)は十二支、辛亥革命の辛(かのと)は十干、亥(いのしし)は十二支を表しています。
高校野球で盛り上がる甲子園は1924年起工、この年の十干十二支が甲(きのえ)子(ねずみ)年でした。


十干十二支は年だけでなく、月や日、そして時間まで表すことができます。
例えば、今年の立春のスタートは2018年2月4日5時28分ですが、
年:戊戌(つちのえ、いぬ)  
月:甲寅(きのえ、とら)
日:丁卯(ひのと、うさぎ)
時:癸卯(みずのと、うさぎ)
と表すことができます。


風水では工事開始、グランドオープニング、引越、契約、埋葬などの重要なイベントは
十二支を使って吉日を選びます(これを択日といいます)。
十二支には三合、三殺、六冲、大耗などの法則があり、これらに則ってカレンダーから悪い日を端折り、吉日を選びます。
概して、吉日というのは少なく、凶日を除いて残った日が良い日であると考えます。


日本で使われる仏滅・大安・先勝・友引・赤口・先負は六曜といわれ、
旧暦を単に6で割った余りの数で決めているだけで根拠がありません。

冠婚葬祭で六曜が用いられ、「結婚式は大安が良い」とか「お葬式は友引を避ける」など言われていますが、
日選びとしては無意味ないので気にしない方がいいでしょう。
日選び
では、どのように日を選ぶのか? その年(2018年の場合は戌年)の十二支と個人の誕生年の十二支で算出します。 戌年による凶日は全員同じですが、誕生年は各自別なので凶日というのは人によって異なります。 日選びは風水と一緒に用いると大変効果があります。 適切な方位と時間を選び、火を燃やす風水秘術で100~300万円の臨時収入や、 数千万~億単位の融資獲得の実例が数件あります。 懐妊や恋愛・結婚以外にも、泥沼化していた離婚調停がスムーズに行うなど 適切な日を選びことで目標が達成できます。 桃花風水は毎月FBでアップしていますが、これも誕生年と月で計算しています。 これはお花を飾ることで恋愛エネルギーアップさせ、実勢に玉の輿や逆玉の輿になったケースもあります。 日選びで特に注意してほしいのは工事関係。 凶日に工事を開始すると遅延や事故、金銭問題が起きる可能性があるので悪い日は避ける、これが大事です。 ビジネスでも凶日に重要なことを行うのは避けること、それだけでも凶事が避けられます。 交渉の席で有利に進めたいのであれば、交渉相手を凶方位に座らせることで交渉事はあなたのペースに進みます。 逆にあなたが凶方位に座ると、交渉は不利になります。 この方位は月ごとに変化するので会議室の椅子の方位を前もって調べたほうがいいでしょう。 会議室
同様に訴訟でも相手側の家の座(後ろ)をチェックし、勝訴に持ち込むことも可能です。 これまではクラスで日選びを教えていたのですが、学ぶよりも結果だけを知りたい方も多く、 今年から誕生年ごとの吉凶カレンダーをサービスすることにしました。 このカレンダーには ○ 今年の運勢、月別コメントあり ○ 風水吉凶方位と対策 ○ 支援者の干支 ○ 交渉時の吉凶方位 ○ 金運アップの方位 ○ 一般的な凶日 ○ 個人の凶日 上記以外の吉凶日(ひとつ選んで下さい): 工事開始、リフォーム、引越、契約、ビジネス開始、グランドオープニング、訴訟、恋愛、結婚、神事、手術、旅行、埋葬 価格:2万円(税込み) ○ 風水では2月4日(立春)から新年が始まるので、2018年2月4日から2019年2月3日までの暦になります   個別に分析するので、PDFがお手元に届くのは1月末となります ○ 上記の風水吉凶方位は一般向けであり、詳細に分析するには現地での風水鑑定が必要です ○ 今年の運勢を詳細に知りたい方は紫微斗数占星術で鑑定可能です   その場合、誕生年月日と時間、生まれた場所が必要です ○ ご希望の方はinfo@windandwater168.comまでお申し込みください   お名前、性別、誕生年月日(西暦)、希望の吉凶日が必須項目です   メッセージに択日希望とお書きください

☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°
Akiko Bibi Shimizu
風水・占術コンサルタント
 中国伝統風水、紫微斗数占星術、人相手相、易経など中国五術をアメリカ・中国で学び、ドイツ・シカゴでの海外生活を経て、現在は米国ロサンゼルス在住。日・米・東南アジアにて企業や個人の風水・占術関係の鑑定やコンサルタントを行う。

著書に『オウチで開運!風水168』(ザメディアジョン)、『開運術としての風水』(木楽舎)、『風水必読』(アメリカ風水研究所、翻訳本)。日経ビジネスオンラインでは18週間に渡り「米国企業と風水」「東洋思想で自己管理」を寄稿、全日空機内誌「翼の王国」では36ページの風水特集、他にも建築住宅本等に多数投稿。
 

世界一の風水師ラリー・サング老師公認の唯一の日本人講師として、占術を学べるセミナーやクラスも多数開催。延べ500人以上がクラスを受講し、受講生にはマスコミ、弁護士、医師、教員、企業家・経営者、歌手、占い師、ライター、建築士、税理士、主婦、学生など様々な肩書きが集まる。  

↑このページのトップヘ