紫微斗数×風水168 清水BIBI瑛紀子 公式ブログ

最強の占い「紫微斗数(しびとすう)」と「中国伝統風水」で切り開く最強の開運術! 占術コンサルタント「清水BIBI瑛紀子」の公式ブログです。 ◆世界的風水師「ラリーサング老師」が自身の著書の日本語訳を託した唯一の日本人◆日・米・東南アジアで実業家・投資家・企業家など多くのクライアントに鑑定アドバイス◆中国五術に精通した本当の開運術で総合的コンサルタント◆のべ500人以上がクラスやセミナーを受講

■■清水BIBI瑛紀子公式メールマガジン■■

さまざまな紫微斗数、風水の四方山話を皆さんのお手元へお届けします。

5秒で登録完了!(無料)
登録フォームはこちら

○陰宅(お墓)風水の悲劇
○10年目にして待望の子供が
○間違った風水で離婚へ、その時クライアントは!
○究極の占い「皇極神数」とは
○紫微斗数で生年月日を判断、子供に最高のプレゼントを
○お花を飾って、異性運を上げよう
○玄関で出ていた災難
○世界の風水
Webはこちら

2017年08月

恋愛運アップの「桃花(とうか)風水」~

暑さもピークを過ぎ、少しずつ秋の訪れを感じる季節になりました。
24節気では8月23日が小暑(しょしょ)、暑さが後退する日と言われています。

「天高く馬肥ゆる秋」と言われるぐらい、秋と言えば食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋を様々な楽しみがあります。
山や里では美味しい秋野菜が収穫、海からは脂ののったサンマが水揚げされ、サバやイワシもこの時期スーパーなどでは安く手に入り、生きの良い魚を食する機会も多いでしょう。
栄養価の高い旬のものをいただくのは心も体も喜びますね。

9月は日本に滞在しているので、美味しいものを沢山いただくのが楽しみです。


桃花風水という中国の古くから伝わる、異性を引きつける恋愛運アップの秘術があります。

桃花はお酒、遊びの意味があり、賭け事や酒色にふけトラブルを起こしそうなイメージがありますが、
もう一つ、ロマンス、恋愛のことでもあります。


各人が持つ桃花方位に適切な色の花瓶を置き、適切な日に生花を生けることで異性と出会いが期待できる恋愛アップ術が桃花風水なのです。 
必要なものは生花と花瓶のみ、下記の桃花日に桃花方位で生花を生けるだけです。 
ぜひ試してみてください !

9月は子年、辰年、申年の人に出会いのチャンスがありそうです。
特に夕方5時~7時、お花を活けてみると良いでしょう。

blue flower 10

さて9月の恋愛運は?


生年 桃花日 花瓶の色  方位 花の種類(例)

子年  9/19   白    西  白いカラー
丑年
  9/16   赤    南  グラジオラス
寅年  9/25   緑    東  青いクリトリア
卯年  9/10   青    北  黒いバラ
辰年  9/19   白    西  白いアネモネ
巳年  9/28         南  サルビア
午年  9/13     緑    東  青いサイネリア
未年  9/22   青    北  ペニーブラック
申年  9/19   白    西  白ユリ
酉年  9/16      赤    南  ハイビスカス
戌年  9/25   緑    東  青いアメリカンブルー
亥年  9/10   青    北  クロユリ


注意

11日から23日生まれの人は前年を生まれ年とする
(例)1967130日生まれ  未年ではなく午年
1)方位は家の真ん中から測る。磁石(コンパス)で測ると良い。
2)桃花方位がトイレ、お風呂場、押し入れの場合はリビングルームでの桃花方位を使う。
3)花は切り花であること。土に付いた花は用いない。
4)花瓶は口が大きいこと。少ない花では効果が表れない。
5)水は常に新鮮であること。花が枯れたら、次回まで待つ。
6)花瓶の色、桃花方位、桃花日は守ること。

陽宅風水と陰宅風水の違いとは

エルビス・プレスリーのお墓で説明しましたが、お墓の風水(陰宅風水)と家やオフィスなど人々が過ごす建物(陽宅風水)では鑑定方法が全く異なります。

その理由は何でしょうか?

風水にはいくつかの重要なコンセプトがあるのですが、その一つに「陰陽理論」があります。
中国思想では、宇宙のすべては陰と陽という二つのカテゴリーから構成されていると考えます。
yinyang

例えば、天と地、昼と夜、プラスとマイナス、左と右、心と身体、男と女、光と闇、時間と空間などお互いに対立しているけれど、一方なくしては存在しない相互依存のものが「陰陽」です。
イメージ的にはコインの裏と表と考えればいいかと思います。

生と死も同様の考えです。
ということは建物にも陰の家、陽の家があることがわかります。

陰の家とは生死で言うと「死」である墓を指し、「生」は生きている人、つまり私たちが住む「家」のことを言います。
陰陽は相反するもの、ということは風水鑑定の方法も同じではありません。
しかし、日本では住宅の鑑定にお墓の鑑定方法が使われているケースが多いのが現状のようです。
image3

お墓の鑑定方法(円形=パイシェイプ)

皆さんが良く見る家の中心を求めて円を描く鑑定方法、これはお墓の風水鑑定です。
正方形の家であれば、このような鑑定方法でもそれほど支障はありませんが、もし家が縦長、横長、また
張り欠けがある場合には間違った鑑定方法になってしまいます
Shirakawa 3
円形を四角い家に当てはめるのは間違い

これでは、正しくは南なのに南東、もしくは南西として鑑定してしまうことがあります。
そうなると、レメディ(対処法)も間違った結果となり、開運どころか逆効果です。

image5

正しい鑑定方法(四角=グリッド)


実際にLAでは陰宅風水しか知らない風水師がお墓の鑑定方法を住宅に用いて、家族が一家離散、離婚、破産宣言したなどの悲惨な話があります。

風水鑑定は実際のところ、実践を多く踏んだ経験豊富な風水師に頼むのが適切です。
もし鑑定師が家の中心から円を描いていたら、・・・、判断はあなた自身です。

エルビス・プレスリー邸宅の風水鑑定

Graceland(グレースランド)はテネシー州メンフィスにあり、エルビス・プレスリーの大邸宅や墓地がある敷地。グレイスランドの敷地面積は13.6エーカー、1957年に102,500ドルで購入。

IMG_7884
貸し出されたタブレットで説明を聞きながら、各自プレスリー宅を見て回る

現在の邸宅は1939年に建設されたので4サイクル(4運:1924~1943年の間に建設)、座は西、向きは東。1957年購入後に多分リモデルはしているだろうが、家のエネルギーはオリジナルのままで変わらないはず。

IMG_7890

白と青を基調としたリビングルーム

悲しいかな、邸宅自体はReverse宅。人(健康や人間関係)・お金とも良くないと出るが、金運に関しては運勢をチェックした方が正しく分析できそう。特に1964年以降の20年間は人がLockされ、病気や対人関係などに問題が生じる(67年に結婚後、72年には別居生活になったのも納得)。

IMG_7901
ゲストをもてなすダイニングルーム

さて亡くなった1977年は五黄土星が飛星、注意すべき年。
2階にプレスリーの寝室があるが、ツアーは1階のみの見学で、これからは私個人の風水的推測。

IMG_7902
カーペットが古い時代を醸し出しているキッチン
IMG_7907
TV好きのエルビス、ここは地下

考察......
多分、彼の寝室は北東(写真正面向かって右側)で、倒れていたバスルームは玄関真上の東。アメリカはマスターベットルームには、必ず寝室専用のバスルームが隣接している。

IMG_7960

正面は東、右側が北東・・・多分、バスルームは玄関上の東であるはず

東(推測ではバスルーム)のエネルギーは9、9は心臓や目を表す。
年数字3が東に配され、3碧禄存星は突然何か起こることを表している。つまり急性心臓死である心臓発作がここで合ってもおかしくない。

北東(推測では寝室)のエネルギーは心臓を表す9と病気や災難を表す5。
8月の月数字は何と五黄土星廉貞(殺)星が飛星。もともと良くないエネルギーの場所に一番悪い五黄土星が配され最悪の方位に・・。

IMG_7888

玄関前に鎮座していた2頭のライオンは無駄・・。
上記の考察が検証できるデーターを捜しています。

posted November 7, 2016

トータルウェルネス

 ホリスティックセラピーという言葉を聞いたことがあるだろうか?  これは身体だけでなく、感情や置かれた環境も含めて、人の総合的な健康状態をとらえ、それを治療していく方法。症状の根本的な原因を突き止め、その人の生活習慣、環境、心理状態までを改善していくことで、本来持つ自然治癒能力を高め症状を緩和していく。

 実はこのホリスティックセラピー、西洋医学とは対極の東洋医学的な考え方の上に立っているように思えるが、実際は欧米社会でより普及し、また受容されているのだという。

NESのプラクティショナー、清水あきこさん

NESのプラクティショナー、清水あきこさん

 今回、体験したNESシステムもその発祥はイギリス。実際に体験した結果、この療法は「ホリスティック」だという印象を強くした。アメリカで数少ない日本人プラクティショナーとして活躍している清水あきこさんによると、「NESは量子力学と東洋伝統医学を応用した方法で、人間が持つエネルギー、ヒューマンボディフィールド情報をmiHealthというヒーリング・デバイスで測定し、アンバランスな部位をエネルギー調整するトータルウェルネス療法です。ロンドンオリンピックでは、ハンガリーのチームが心身の状態を調整するためにNESを利用し、金メダルの獲得数世界23位が8位にまで上昇しました」とのこと。

エネルギーブロックを解除

 エネルギー測定はたったの15秒、デバイスを握るだけ。私の身体の部位の中でどこが赤信号なのかがパソコンの画面に映し出された。赤信号の箇所はエネルギーがブロックされているのだそうだ。

 「先日、ある方が尾骨に赤いシグナルが出ました。12年前ヨットのアクシデントで尾骨の箇所を傷めたそうです。その箇所がピンポイントで出たのです」。その人はセラピーを受け、またエネルギーフィールドを再建するサプリメントを摂取し続けたことで長年悩まされた痛みが2カ月で緩和されたという。他にもアトピー症状の完治などケーススタディは数多くある。

 診断の結果、私の赤信号はかなり多かった。まず副鼻腔。その意味は「抑圧された怒り」。次に甲状腺。「自分自身よりも他人の欲求を優先」。肝臓、「不満・憤慨(また!)」。膝、「頑固」。肩、「過負担とプレッシャー」。

 次に「ビリーフシステム」の診断では「自分を信頼していない。物事を管理しようとしているが逆に管理されている」。完全にカウンセリングを受けている気分だ。栄養はビタミンE不足。環境面では、携帯電話と放射能の箇所が赤信号だった。放射能はあきこさんに「パソコンにずっと向かっているからでは?」と言われた。その通り。

 最後に、それらの問題のある箇所のエネルギーブロックを解除するために横になるように言われた。背中を何かが滑っていく。あまりにも気持ちがよくなり、意識が朦朧としてきた。触っていたのはデバイスの周波数が出る部位だった。さらに、デバイスを使ってリフトアップすると、何と、マッサージした方の顔面が持ち上がった。たったの1分で。

 セラピー終了後、身心共にデトックスされたような爽快感に包まれた。奥が深すぎて理解はできなかったもののエネルギーの重要性は実感した。次回セラピーを受ける時には私の内なる怒りは消えているだろうか?

Edited by US Front line

☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°
風水・占術コンサルタント
Akiko Bibi Shimizu

4泊5日チェンマイ(タイ)の旅

バンコクから飛行機で北に1時間程、こじんまりとした古都チェンマイはバンコクと比べると田舎ですが、ゆったりとしていて過ごしやすい街。
chang mai 980

この旅行の目的は山岳民族(ラフ族、アカ族、リス族、カレン族)を尋ねるトレッキング、
チェンマイ北部の山やジャングル、平地を歩き集落を見て回りました。
chang mai 995
リスロッジが管理する山小屋「Lahu Outpost」
chang mai 1026
ラフ族の住居がモデル
chang mai 1016
開放感あふれるシャワールーム
chang mai 1017
インド式?トイレ・・水洗で無かったような

彼らの住む家は草葺き屋根でかつ高床式なので風水鑑定には適しませんが、各部族の村落を見て「人間と環境」の相関関係について考えさせられました。
chang mai 1035
高床式住居

山々を歩いているとペットボトルや空缶、お菓子の袋などが目に着く場面が何度かありました。心無い観光客がゴミを捨てていったのだと思っていたのですが、実はモノを捨てたのは観光客ではなく、村の人々でした。

確かにゴミが目に入りだしたのは村の入り口あたりからで、ガイドが一言「ここの住人は何でも外に物を捨てるんだ」と言います。
村落に入ると乾燥しきった集落の家(小屋?)はもちろん、周辺も散らかし放題、道路にもゴミが散乱し、清潔感が全くありません。

熱帯地域なので焼畑農業跡が見られますが、移動耕作ができず短期間で何度も繰り返しているためか、土地のエネルギーも感じられません。

そこに住む人もどこか投げやりな感じ、イヌに至っては吠えまくり、噛まれたら狂犬病にでもかかりそうな気配・・。

かと思えば、経済的に決して豊かとは思えない村でも、家々はこぎれいで緑多く、人々は笑顔です。中には舗装された道路に打ち水をしている集落もあります。
chang mai 1175
Khum Lanna resort

特に私たちが宿泊したリスロッジではリス族の若者たちがもくもくと働いており、快適に過ごせました。

山岳民族の多くは、国境を接するビルマやラオスでの戦火や迫害などから逃れて来た人々です。
殆どが貧しく、高等教育も受けられない子供も少なくありません。またタイ国籍を持てない人もいて医療サービスも受けられません。

もともと彼らの現金収入は麻薬の原料となるケシ栽培だったのですが、現在は撲滅運動のお陰で農業などに移行しています。でも、まだ貧困に喘ぐ村落も多くあるようです。chang mai 1128
たった一部屋の住居、編んだ籠を売り生活・・

土壌の悪い土地に住むから人間もその影響を受けるのか、人々の暮らしや習慣がエネルギーのない土地に変えてしまうのか、どちらが優先なのかわかりませんが、土地と人間は相互に強く影響しあっているということを改めて感じた旅でした。

↑このページのトップヘ