丑年・寅年・卯年・辰年


1月28日は中華圏では陰暦正月としてお祝いしますが、風水は太陰太陽暦を使用します。
春が立つ時が1年のスタート日と考えることから、2月4日(立春)が新年になります。

 

太陰太陽暦で占う、2017年2月4日から1年間の「十二支予測」を3日間にかけてアップします。

2月4日が新年ですので、1月1日~2月3日までの誕生日の人は前年の十二支をチェックしてください。

例:1979年(未年)1月19日生まれ → 1978年(午年)生まれ 

丑年

スムーズに物事が進む年とはいえないが、凶を吉に変化させる吉星も頭上にあり、時間とともに徐々に良くなる吉凶混合の年。勤勉が大きな利益をもたらす。自営業者・サラリーマンとも多くのチャンスに恵まれ、特に自営業者は仕事面でも金銭面でも報酬が期待できる。反面、法律関係で悩まされるかもしれない。サラリーマンは職場で認められ、昇進の機会に恵まれそう。傲慢な態度は避け、謙虚に徹すること。些細なことで仲間と口論になりそう。財政困難の兆しあり。深刻な病気はないが、偏頭痛と不眠症になりやすい。恋愛面では独身者と既婚者では異なり、独身者は実りある関係が期待でき、秋冬は愛の巣作りには最適な時期となる。既婚者の場合、夫婦間で同じ感情を共有できず、二人の間には距離感を感じるかもしれない。第三者の予期せぬ介入や不倫など、どうにもコントロールできない事態に陥りる可能性あり。

寅年

昨年と比べると運は上向き。サラリーマンは昇進や昇給が、自営業者はビジネス展開で有利な運びが期待できる。数多くのチャンスに恵まれた良い年となりそう。但し、お金が銀行口座へ振り込まれるのをただ待つのではなく、望むものを得るためには一生懸命働き戦わなければならない。春と夏の時期、計画を進めていくことで仕事や金運は満足いく結果となる。寅年の女性にとって異性は支援者や協力者になるが、同性である女性は裏切る対象となる。寅年の男性の支援者は男性で、女性は注意すべき。健康面では大きな問題はないが、夏と冬はアレルギーや感染症に罹りやすい。ロマンスでは楽しそうな恋愛ができそう。例え、難しい関係であっても、歩み寄ることによって結婚や同棲に繋がる可能性あり。


卯年

卯年にとって酉年は対立した年となる。前年と比べると吉から凶、凶から吉へと波乱に満ちた年となりやすく、革命の如く感じるかもしれない。過度に楽天的にはならないように。行動を起こす前に二度考える慎重さは忘れずに。歳破の年であり、物事はコントロールできず、変化が多い。事前の計画であろうと予期せぬものであろうと、生活の変化は仕事やビジネスに影響を与える。次から次へと障害が待ち受けていそう。利益を得るには人の倍の努力が必要。お金を貯めるのは難しく出ていくばかり、金運は期待できない。過度の支出や予想外の出費には注意。ギャンブルには手は出さず、法的な問題を避けるにはリスキーな事は行わないように。病気や怪我が起こりやすいので、健康には日々注意を。先の尖った金属には気を付けること。風邪や関節炎に悩まされやすい。恋愛はスムーズとは言えず、独身者にとっては躓きの多い年。期待しない方が無難。既婚者は感情的になりやすく、コントルールできなくなりそう。誤解を避けるには夫婦間でのコミュニケーションを深めることが大切。

辰年
多くの幸運の星が頭上に輝き、良い知らせが舞い込む年となりそう。仕事運・金運とも強く、様々な機会が待ち受けている。チャンスを掴み、頑張ることで素晴らしい年に。障害に直面しようが克服でき、最終的には利益が得られる。働けば働くほど、より多くの利益が得られる。仕事上ではプレッシャーと競争があるが、運はあなたの味方。反面、人間関係では何か対立がありそう。信頼できるパートナーや友人の反抗や裏切りが生じるかもしれない。絡み合った対人関係をどう扱うかが今年の問題と言えそう。控えめで謙虚な態度で人と接することが大切。感情的にならず、無礼な態度は避けること。背信行為が努力や運を減速させる。風邪の予防策を講じること、肺と胸部の検査が必要になるかもしれない。ロマンスはバラ色だが、睦ましい関係とは言えない。心から愛しているのは誰なのか、その人には忠実であること。二兎追う者は一兎をも得ず。後悔することにならないように。夫婦間には第三者の介入がありそう。離婚者には新しい出会いのチャンスあり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★最強の占いと言われる紫微斗数(しびとすう)占星術
113星であなたの2017年の運勢を占います
今だと量子力学セラピーが体験できます!